ヤグレーザーによるレーザー脱毛の特徴

レーダー脱毛に利用するレーザーの1つに、ヤグレーザーと呼ばれるレーザーの種類があります。
ヤグレーザーをレーザー脱毛に利用するメリットと言うのは、火傷などのトラブルが少ない事、男性のヒゲの脱毛を行う場合など適している事などになります。

レーザー脱毛 東京の情報はすぐに役立ちます。

一方、デメリットは、脱毛の持続効果が低い点にあります。

医療レーザー脱毛 東京に関してとにかく簡単に調べられます。

一般的に、レーザー脱毛に利用するレーザーと言うのは、アレキサンドライトやダイオードレーザーなどの種類があり、現在主流となっているのがアレキサンドライトと呼ばれるレーザーになります。

ところで、このヤグレーザーと言うのは、YAGと言う表記になります。

何故YAGと言う表記になるのかと言いますと、これは「イットリウム・アルミニウム・ガーネット」と言う個体レーザーを利用しているもので、複合元素の頭文字を取る事で、「YAG」と言う名前が付けられているのです。また、このYAGレーザーには幾つかの種類があると言われています。


レーザー脱毛などで利用されるもの以外にも、研究用や工業用、そして医療の分野などでも利用されてるレーザーがあり、ネオジムをドープしたYAGレーザーがあると言います。また、医療用のYAGレーザーには、エルビウムをドープしたレーザーもあると言われています。
尚、ドープと言うのは、結晶の物性を変化させるために少量の 不純物を添加することを意味しており、それぞれのYAGレーザーに対して、少量の不純物を添加しているレーザーになるのです。